少ない本数で多くの歯を支えるAll on 4(オールオンフォー)

オールオンフォー通常、インプラントは歯を失ったところに埋入するため、失った歯が多ければ多いほど本数が増えることになります。特にすべての歯を失った方の場合、非常に多くのインプラント体が必要となるため、経済的な理由から治療を諦める方も少なくありません。

そこで、歯を全部失った方のために開発されたのが、4本のインプラントで全部の歯を支えることができるAll on 4です。埋入本数が少ないので体への負担も少なく、治療期間の短縮と治療費の軽減にもつながります。また手術と同時に仮歯を装着するので、その日から噛めるようになります。

しっかり噛めるので食事や会話も楽しめます
All on 4は、4本のインプラントで上部構造物をしっかり支えるので、入れ歯のようにズレたりすることなく、自分の歯と同じようにしっかり噛むことができます。また、入れ歯のような床部分がないので食感や風味を損なわずに美味しく食べることができます。口元も美しく仕上がり、発音もしやすいので、見た目も気にせずに会話が楽しめるようになります。

当グループでは、最小限の手術で現在の歯を調和させることを重要視しています。健康な歯を抜く可能性のあるAll on 4は、お口の状態を充分に診査・診断し、適応可能と判断した場合に限り、治療をご提供させていただいております。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております