アレルギーや不適合の問題が少ないCGF再生療法

CGF再生療法人の血液中には血小板があり、血管が傷ついた際に血小板が集まって血管の穴を埋めるために血液を固める物質(フィブリン)が作られ、傷の治りを促進させます。CGF(Concentrated Growth Factor)とは、遠心分離器(メディフュージ)で患者さまご自身の血液を遠心分離して生成したフィブリンと傷の治癒や組織の再生に有効な血小板や成長因子を濃縮したゲル状の塊のことです。

インプラント治療に応用する場合、インプラントの埋入と同時に骨が足りない場所にCGFを填入したり、膜状にして骨を覆い骨の再生・治癒を促進させるのに使用します。

感染のリスクが低く馴染みやすい再生療法
CGF再生療法は従来の人工材料と異なり、添加剤を使用しませんので感染の危険性が極めて低いというメリットがあります。また自分自身の血液だけで作られますので、移植後に腫れや痛みがでることが少なく、体に負担が少ない状態で傷の治りや骨の再生の促進を期待できます。これまで骨再生のバリアー膜として使っていたコラーゲン膜の代わりに使うこともできます。

歯科用CT、ピエゾサージェリーと並んで、このメディフュージから作られるCGFは、質の高いインプラント治療に不可欠なものになっています。

●CGF再生療法の特徴
自分自身の血液のみで作られるため感染の危険性が極めて低く、拒絶反応を起こす心配がないCGFはゲル状となり長時間維持できるため、インプラント治療・歯周組織再生治療などで応用可能

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております