痛くない怖くない治療を実践しています

痛みに配慮した無痛インプラント

そもそも歯の治療に対して「痛い、怖い」といった悪いイメージが強く、歯科医院は苦手という方が多くいらっしゃいます。まして手術が必要なインプラント治療に対して不安や恐怖心を強く持つ方も多いことでしょう。実はそんな不安や恐怖心が高まれば、ちょっとした刺激でも大きな痛みに感じてしまいます。

当グループでは、治療前のカウンセリングなどを通じて、患者さまに安心していただき、不安や緊張からくる痛みを和らげることを心がけています。また、手術の際は経験豊富な専門医や高いプロ意識をもつスタッフがチームを組み、スムーズに治療を進めます。万全の体制で術中の危険を回避し、痛みにも充分配慮いたしますので、ご安心ください。

麻酔専門医による痛みのない安全な手術を実現

麻酔専門医による痛みのない安全な手術インプラント手術の際の痛みは親知らずの抜歯程度と言われ、歯を抜くときと同じ麻酔を使った手術が行われてきました。確かに普通の麻酔注射でも痛みのコントロールはできますが、やはり手術となると緊張されて不安になられる方が多いものです。

そこで当グループでは、開院当初から痛みのコントロールに取り組み、麻酔専門医立ち会いのもと、静脈内鎮静法や笑気麻酔による無痛インプラント治療を行っています。インプラント手術中も、麻酔専門医が血圧や血中酸素飽和度など全身管理を行い、常に細心の注意を払いますのでご安心ください。

安全に痛みやストレスをなくす静脈内鎮静法

静脈内鎮静法静脈内鎮静法では手術に対する不安や痛み、術中に口を開けたままの状態でいることなどの精神的・身体的ストレスをなくすことができます。また、インプラント手術中も歯科麻酔医が心電計や血圧や血中酸素飽和度を管理するため、トラブルを回避することができます。

手術中は少しボーっとした状態ですが、意識はあるのでご自分での意思表示やこちら側の呼びかけに対しても応えることが可能です。時間の経過の感覚はあまりなく、1〜2時間の手術が20分〜30分程度で終わったように感じられ、気付いたときには手術が終わっています。手術後はしばらく休んでいただき、意識がはっきり戻り歩行運動などのチェックをして異常がないことを確認してから帰宅していただきます。

●静脈内鎮静法のメリット
・手術中の不安や緊張を緩和し、リラックスした状態で手術が受けられる
・健忘効果があり、手術時間が短く感じられる
・長時間お口を開けているときの苦痛が和らぐ
・全身管理をしながら進めるので、持病のある方でも手術が可能
・血圧や心拍数が安定するので、身体への負担が少ない
・嘔吐反射を抑えられる

痛みや怖さが軽減される笑気麻酔

鎮静効果のある笑気ガスが出てくるマスクを鼻に装着し、ガスを吸入する麻酔法です。笑気ガスを吸入すると5分程度で麻酔が効いてきて意識がボーっとしますが、吸入を止めるとすぐに麻酔が醒めます。

副作用などがなく、子どもの歯科治療によく使われる安全な麻酔方法ですが、静脈内鎮静法に比べると麻酔効果は弱く、手術中に患者さまが動いてしまう恐れがあります。そのため、当グループではほとんどの場合、静脈内鎮静法による麻酔で対応しています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております